話す力

英語で世界中の人とコミュニケーションを取れるようになりたいと思ったら、やはり必要なのは会話力でしょう。
日本では義務教育で英語を習いますよね。
高校に入ってからも、英語の読み書きを習います。
特に大学受験を経験している人は、英語の勉強を一生懸命した人が多いでしょう。
理解文系問わず、英語の試験があるので、試験レベルの読み書きができるようになるために単語や文法を覚えたことと思います。
でも、こういう勉強って、受験がおわるとすっかり離れてしまって忘れてしまいがちですよね。
私も英語はかなり勉強しましたが、大人になってからはすっかり忘れてしまいました。

英語でコミュニケーションを取れるようになりたいという時に、もちろん読み書きができて単語や文法が頭に入っているのは大事ですが、それよりも大事なのは「生きた英語」を学ぶことだと思います。
日本人が学校で勉強する英語というのは、英語圏の人からすると固すぎる表現が多いんだそうです。
日常で使う英語というよりは、新聞や論文なんかで使うようなきっちりした表現が多いとか。
たしかに、映画なんかで外国人が英語をしゃべっているのを聞いていると、学校で私たちが習ったような表現とはちがった表現が沢山出てきます。
そういった実際使われる表現力をつけるためにも、外国人の先生と会話をしながら英語を学ぶというのが一番でしょう。

私は英語の読み書きには多少の自信があったものの、実際に英会話スクールに行っていざ外国人の先生と話をしようとすると、なかなか言葉がでてこないし、先生の言っていることが全然聞き取れませんでした。
話したいことがあるのに、頭の中で一度文法として組み立てないと、言葉にできないんですよね。
日本語を話す時ってそんなことをせずとも、自然と言葉が口からスラスラ出てきますよね。
幼い頃から慣れしたしんで、もはや身体の一部のような存在になっている言語ですから当然ですが、英語の場合そうはいきません。
なので、まずは「英語がある環境」に身を置いて英語になれるということが大事でしょう。

what’s new
archive
calendar
2017年10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
category